妊活中女性の葉酸サプリの選び方

妊婦さんが葉酸サプリメントを飲み始めるのに適した時期というのは、実は妊娠がわかったときからではありません。妊婦さんには葉酸サプリ、といったイメージが強くありますので、もしかしたら妊活中の女性の中には、まだいいかな、と思っている方もいるのではないでしょうか。

ですが葉酸サプリを一番必要とする時期は妊娠初期の段階です。妊娠初期の段階で妊婦さんの体内に充分な葉酸を行き渡らせておきたい事を考えると、妊娠する人月前から「葉酸サプリ」を摂取するのが大切だといえます。

とはいえ「妊娠」という出来事を、確実に把握することは困難ですよね。そのために厚生労働省は、「妊活中の女性、妊活を予定している女性は葉酸サプリメントを摂ること」を勧めているのです。

はっきりと「いつごろから葉酸を摂るのがいいですよ」といった事は言えませんが、妊娠を考えているのであれば、その段階から葉酸サプリを活用してください、ということになります。

また妊娠を希望している方がどの程度葉酸を必要としているかについてですが、食事以外では400μgの葉酸摂取すること、それもサプリメントを利用して摂取する事が望ましいとされているようです。

現在では色々なメーカーから葉酸サプリメントが販売されています。選ぶのも難しい状態かもしれませんが、妊活中の女性が葉酸サプリを選択するポイントとしては、求めやすい金額であったり、妊娠した後も飲みやすそうなものであったり、毎日簡単に摂取できるものであったり、と三つほど挙げられます。中でも続けられやすい価格帯というのは重要です。

妊娠する前から妊娠初期まで葉酸サプリを摂取するということは、一番短くても4ヶ月は飲み続ける必要があります。なかなか授からない場合や、妊娠初期を抜けても続けるとなると、人によっては1年以上も葉酸サプリを継続することになるわけです。

数回程度であればそんなに高い代金ではなくても、長い目で見ると高額になってしまうこともありますよね。ですから妊活中から葉酸サプリを活用するケースでは、安全なサプリを選ぶのとともに、比較的お財布に優しく飲み続けやすいサプリを選ぶのがオススメです。

なぜ葉酸は妊活中から必要なのか

葉酸が「妊活」中に多く摂取したほうが良いのは、大きく分けて以下の3つの理由が挙げられます。

①正常で健康な卵子を作る
②受精卵の着床率を上げる
③先天的な障害を持った赤ちゃんが生まれるリスクを減らす

よく勘違いされますが、特に②に関して、受精卵の着床率をあげることに葉酸が役立つのであって、妊娠率を上げる=不妊に効果がある、わけではないことに注意してください。不妊の場合は専門の不妊治療が必要になります。

そもそも、葉酸はビタミンB群の一種で、人間の健康にさまざまな形で役に立つ栄養素です。厚生労働省の指針では、1日に200μgの葉酸を成人(男女とも)は摂取することが望ましいとされ、多少過剰にとっても不要な量は吸収されず排出されるため安全です(あまりに過剰なのはよくないのです)。

葉酸をきちんと摂取することで、病気のリスクを軽減し、健康な体作りに役に立つというわけです。

一方で、同じ指針で、妊娠を希望する女性はその倍の400μgの葉酸の摂取が望ましいともいわれています。

実際に妊娠した後であれば、お腹の中の赤ちゃんへ栄養を与えなければいけないので、多く摂らなければならなそうなのはイメージできますが、それ以前の段階でなぜ多く摂取したほうが良いのかというと、妊娠がわかるのは、受精してから2~3か月後だからなのです。気が付いたときには受精し、細胞分裂を始めています。

葉酸の摂取については「妊娠の1か月前から飲んだほうがいい」という意見もあるようですが、いうまでもなく、葉酸を飲めば100%の確率で妊娠できるという話ではなく、赤ちゃんが育ちやすい環境を作るという意味で言われています。

1日に400μgの葉酸であれば、妊娠の有無や希望に関わらず、「摂取しても問題のない=害のない」数字です。

「妊活」は、カップルで赤ちゃんが欲しいという意思を共有して、避妊などを行わず、定期的にセックスをして愛し合うことを実践している期間だと解釈できます。妊娠することを考え始めたら、その時から1日に400μgの葉酸を摂取することを心がければよいのです。

葉酸サプリを飲むことでの流産リスクの低下について

妊娠するひと月前から葉酸サプリメントを口にすることによって、 『先天性奇形による流産』『化学流産』『稽留(けいりゅう)流産』などを避けやすくする事が可能だと考えられています。

先天性奇形というのは二分脊椎・無脳症・ダウン症などですが、妊娠初期の間にお腹の中の赤ちゃんの脳や脊髄が正常に成長できないことから障害となり、流産に向かってしまう事を指します。中でも無脳症のケースでは8割の赤ちゃんが死産となってしまい、残りの2割は流産になってしまうと考えられているようです。

上記のようなケースでの流産は、葉酸を摂取する事で脳や脊髄などの大切な器官が正しく成長することに働きかけ、奇形を抑制する事ができるため、先天性奇形からくる流産を防ぐ事に繋がると言われています。

妊娠一ヶ月から三ヶ月までの間にきちんと葉酸を取り込んだ妊婦さんの場合では、奇形と流産の危険性が下がっていた、と言った研究結果も世界中から出ているため、厚生労働省もサプリメントでの葉酸の摂取を勧めていますし、母子手帳にもその旨が書かれているのが現状です。

次に化学流産ですが、着床した後にそのまま定着する事ができず、体外に排出されてしまう流産になります。化学流産の厄介なところは、流産した際に出血を少し感じるだけで、それが流産だったということに気付かないところです。

この化学流産のケースでも、葉酸を飲む事で危険性を低くする事ができるといわれています。子宮内膜を丈夫にする役割を、葉酸が担ってくれているからです。子宮内膜が丈夫になれば、受精卵を守る事ができますよね。

最後に稽留流産ですが、お腹の赤ちゃんが成長できず子宮内で亡くなってしまう流産の事です。稽留流産は、葉酸を妊婦さんが摂ることによって子宮へ後の流れを活発にし、赤ちゃんが育っていくための栄養を送り込むことで予防できる、といったことが判明しています。

上記三つの流産リスクを低くする事のできる葉酸ですが、飲む際には安全な葉酸サプリを選択する必要があります。

また、妊娠初期には妊婦さんの体に充分な葉酸が必要となりますので、妊活中から摂取する事がオススメです。以前流産を経験した妊婦さんの場合も、流産の種類によって違いはありますが、葉酸を取り入れる事でリスクを低くする事が可能です。ぜひ妊活中からの葉酸摂取を心がけていきましょう。

妊婦さんが葉酸サプリを飲む時期とは?

葉酸サプリを飲んでいる妊活中の女性や妊婦さんはたくさんいます。よく聞かれる質問のひとつが、葉酸サプリをどの段階で飲み始めるのがいいか、といったことです。

葉酸というのは妊婦さんだけではなく、妊娠を望んでいる人にとっては重要な栄養成分ですので、妊活をスタートさせようと考えたときから、飲み始めるのがベストでしょう。妊娠した事を知ったときには葉酸が体内に充分足りている状態にしておきたいため、妊娠希望日のひと月前までには飲むことを始めて下さい。

だからといって妊娠がわかってから飲み始めるのがいけないというわけではありません。4割近くのママさんが、妊娠がわかってから葉酸サプリを摂取して、健やかな赤ちゃんを産む事ができた、という某社のアンケート結果も出ています。

また葉酸サプリはお腹にいる赤ちゃんのためにだけ飲むわけではありません。早産や流産の危険性を少なくする事や、子宮の細胞にアプローチすることによって、子宮がん予防にも役立つそうです。ぜひ妊娠前の女性にも、妊活中の女性にも摂取をオススメしたいサプリメントですね。

葉酸を飲んだ方がいい期間に関してですが、妊娠前や妊娠初期に口にすることによって、葉酸を効果的に取り込むことができると考えられています。上記期間に摂取する事で、赤ちゃんに神経管障害を出さなくする効果(7割ほどリスクを減らす事ができる)があるそうです。

また妊娠4~12週目あたりになると、お腹の赤ちゃんに栄養成分がたくさん必要になるといわれていますが、それは赤ちゃんの細胞がどんどん成長しているからです。

この時期にママさんに葉酸が足りないケースですと、赤ちゃんの脊椎が分裂してしまう、二分脊椎になってしまう可能性が低くありません。葉酸がしっかり足りている状態を意識したいものです。

赤ちゃん出産後にも、実は葉酸は大切といえます。お腹に赤ちゃんがいないならもういいかな?と感じるお母さんもいると思いますが、栄養価値の高い母乳を赤ちゃんに与えるためには、ビタミンBと葉酸を摂取する事で、お母さんの血液を生成する必要があるからです。

もしも血液を生成出来ない場合は、母乳を出す事が叶わなかったり、栄養の足りていない母乳になってしまう恐れがあります。

他にも葉酸というのは出産後の子宮をケアする役割も持っています。出産後の子宮はダメージを受けている状態ですが、きちんと葉酸を摂取することによってダメージからの回復が早まるそうです。

葉酸は妊活中の女性にも妊婦さんにも、出産後のママさんにとっても強い味方となってくれますし、健康や美容に関しても頼れる栄養成分といえます。葉酸サプリを上手に活用して行きましょう。

このページの先頭へ